1. HOME
  2. 申告作業を一度は自分でやってみて良かったです

申告作業を一度は自分でやってみて良かったです

2014/07/07

事業主となって3年目のフリーランスで活動しているエンジニアです。

はじめて確定申告をしたときは、個人事業主として創業する際に買った本に書いてあったとおり青色申告の申請書を提出していたので、青色申告でがんばってすることとしました。

 

エクセルのソフトがついてきて1,680円と安価だった「フリーランスのための青色申告」という本を購入してきて、65万円控除を目指して月末に地道に記帳していました。

この本が交通費や少額の買い物を後払い生産方式でする方法を紹介しており、記帳する数は少なくて済みました。ほかにはクレジットカードの仕訳がややこしく、最初は手間取ったことを覚えています。

 

その他、仕訳に困ったときはGoogleやYahoo知恵袋で検索して答えを探しつつ、記帳作業を年末までかかさずやるようにしていました。

おかげで特に確定申告の時期にバタバタすることはなく、またe-Taxで画面の指示に従って進めて申告書を作って印刷したので、少し戸惑うこともあったものの、メリットの65万円控除を考えれば十分元がとれる作業量だったと思います。なので白色申告よりは青色申告が私はオススメです。

e-Taxについては、個人で投資信託や株式を売買・保持していたので、その部分の申告が非常にややこしかったです。

 

3年目になった今は自分で作業をするより人に任せて仕事をしたほうが稼ぎがいいので、知り合いの税理士さんにお願いしてすべて任せています。

はじめっから丸投げするのではなく、自分でまずやってみたことで数字の意味もわかるし、税理士さんとの会話についていって、経営を数字から考えることができるようになりました。

これから事業主になる方も、いきなり誰かに任せっきりよりも、こうやってまずやってみることが私の経験上いいと思います。

 

【2013-2014年度版】フリーランスのための超簡単!青色申告 (事業所得用・申告ソフト付/Windows版) 【2013-2014年度版】フリーランスのための超簡単!青色申告 (事業所得用・申告ソフト付/Windows版)
塚田 祐子クリエイティブ ワークステーション
売り上げランキング : 19103Amazonで詳しく見る