1. HOME
  2. 年末調整と確定申告の違いはなんですか?

年末調整と確定申告の違いはなんですか?

2014/07/08

年末調整も確定申告も、「正確な所得税の金額を計算するための手続き」という意味において違いはありません。ただ、「誰が」「どのように」手続きを行うかがそれぞれ大きく異なっています。

年末調整では基本的に会社が書類を作成し、国(税務署)に提出します。そのため、納税者は会社に対して控除関係などの書類を提出します。

ある1社でのみ勤務している方は、その会社が支払った給料の金額を完全に把握しているため、会社が手続きしても差し支えがありません。また、納税者全員が下記の確定申告を行うというのは、納税者・税務署双方にとって事務負担が大きいです。そのため年末調整という制度が設けられているのです。

確定申告では納税者自身が書類を作成し、税務署に提出します。ですので、納税者自身が必要な情報を集めたり、書類を用意しなければなりません。

例えば2ヶ所以上から給与所得を受けていたり、副業をしている方などは、会社がその所得金額を正確に把握することができません。そのため、年末調整ではなく確定申告を行うこととされているのです。